メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

PROFILE
プロフィール
kumano01.jpg
食と健康のアナリスト
K.Kumano
ちょっと気になる…
スポンサード・リンク
  • カテゴリ 防腐剤と保存料 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

添加物の危険性.com - 防腐剤と保存料カテゴリのエントリ

【二酸化硫黄】

二酸化硫黄は漂白剤であり、製品完成時には除去されること、
という前提で、そのまま食品添加物として表示されることは
ないため、私たちには馴染みは薄い食品添加物です。

通常は気体であり、水に溶けると亜硫酸になります。

その残留基準は極めて厳しく、体質的にダメな人以外は
問題のない毒性です。

ダメかどうかは、ドライフルーツなどを食べると、
息苦しくなったりするというぐらいの影響なので、
その場合は、徹底して食事から避けた方が良いでしょう。


還元性が高いので、酸化防止剤や漂白剤、ドライフルーツの
表面防腐処理などに使用されています。

また、ワインなどの醸造酒に吹き込むことで、
比較的安全に殺菌を行なうことが出来、
身の周りの食品添加物の中ではトップクラスで
人体に入る量の多い添加物と言えるでしょう。


●二硫化硫黄の危険性

厚生省は、ワイン中の二硫化イオウの量を350PPMに規制してますが、
ラットの実験結果から考えると、毎日飲み続けた場合、肝臓に
影響が出ることも考えられます。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (8422)

【安息香酸・パラベン】

本来、安息香酸自体は植物自体が持つ防腐成分であり、
人間に対して害は低いものです。

安息香酸とは別にパラヒドキシ安息香酸という、
安息香酸の分子を少しいじったものをエステルという
化合物にしたものが幾つかあり、それらは抗菌作用が
大変強いことから、パラベンと呼ばれ沢山使用されています。

化粧水などにも頻繁に使用されており、保湿剤には
必ずといっていいほど、添加されています。

しかし、よく考えてみると、常温で手に取ったりして
雑菌が入ったりするにも拘わらず、保存可能な水とは
怖いくらいの殺菌剤が入っているということです。

そして、それを肌にぬるということは、肌の上にいる
常在菌を殺すことになります。

常在菌は肌の脂質を分解し、弱酸性に保つことで
自らの繁殖に好都合な条件を作っており、
それらを過剰に殺すことにより、肌がバリバリでカサカサ…
となっている女性をたまに見かけます。

これは、明らかに防腐剤入りの化粧水を塗りすぎている
可能性があります。

●パラべンの危険性

歯磨き剤などにも含まれていますが、接触性皮膚炎、
アレルギー性皮膚炎を起こすことがあります。

消化吸収により、むかつき、嘔吐、アシドーシス、
掻痒症、肝炎などを起こす可能性があります。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6699)

■食品添加物のメリット

保存料や防腐剤は食品を長持ちさせ、流通時の雑菌混入による中毒などを
防ぐためには、欠かせないものです。

食品の大量流通が可能となり、海外のフルーツや様々な食べ物を
食べれるようになったのは、正に保存料、防腐剤など食品添加物や
輸送システムの発達のお蔭と言っても過言ではないでしょう。

食品から化粧品まで至るところで使われています。

でも、許可されている保存料や防腐剤の中には、海外からの圧力で使用が
許可されたものもあり、消費者の私たちが裏事情を知らずに、
食品添加物の危険性に晒されているものがあるのも事実です。

細菌も生き物であり、人に対して毒性を持つということは、
人体に好ましいことではありません。

基本的に生物には大なり小なり毒があるものです。

したがって、人の体に影響がないように、基準値がかなり厳しく定められており、
抜き打ち検査なども行われているのが実情です。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6526)
食の安全・安心.comカテゴリ一覧
最新のエントリ
一押しリンク
1.砂糖の弊害、砂糖は現代の麻薬.com
砂糖は現代社会の麻薬。砂糖は心も体も狂わせてしまいます。

2.ホリスティック健康法のすすめ.com
真の健康(超健康)を得る為には、霊・精神・肉体のそれぞれに対する働きかけが必要となります。 私が日々実践しているホリスティック健康法、ホリスティック健康理論等をご紹介します。

3.子供便秘解消法.com
子供さんの便秘解消法に悩むお母さん達に朗報!!子供たちが嫌がらないのも大助かり。お腹の大きい方にもよく効きます。

4.新・食養生法で超健康.com
食養生から一歩進んだ食養生で超健康を目指そう! 食べ物による超健康の条件は、陰陽と酸アルカリの完全なバランス及び邪因を外すこと。食養生で西洋医学が苦手な生活習慣病を克服することも可能です。

5.断酒方法.com
断酒30年戦争、アルコールを巡って30余年格闘しました。

6.東京スカイツリー(新東京タワー)と電磁波健康問題
地デジの普及や新東京タワーの完成によって電磁波による健康被害が激増する恐れがあります。

7.ブレークスルー・成功哲学.com
究極の自己実現は自己の本質を知ることから始まります。自己の本質に回帰する道をご紹介します。

8.ナチュラル・ハイジーンで超健康!実践体験日記
遂に出逢った超健康法、ナチュラル・ハイジーン! 19世紀のアメリカの医師達が、薬を使わずに体に本来備わっている自然治癒力を 最大限に生かすために考案した科学的な超健康法で、お金もかからず、手軽に誰でも出来ます。

9.ホリスティック・統合医療のすすめ.com
合医療とは、現代西洋医学とそれ以外の東洋医学や代替医療、自然療法を個々の患者に合わせて統合的に扱う医療のことです。

10.原発がどんなものか知ってほしい、原発の安全神話を検証する
原発は安全であると私たちは洗脳されていたようです。福島第一原発の大災害で原発安全の神話は崩壊しました。 原発がどんなものか、放射能・放射線の危険性、放射性廃棄物の処理などその安全神話を検証します。

11.子供の非行は食生活から始まる!
子供の非行と食生活は大変な関係があります…

12.新谷食事健康法で病気知らず超健康.com
よい胃相・腸相を保つことが健康の秘訣。胃腸内視鏡の世界的第一人者新谷弘美先生が勧める新谷食事健康法で超健康。30万例以上の胃腸内を診てきて40年間死亡診断書を書かなかった実績に基づく
最近の画像(画像付)
PageTop↑